Eternalえぼりゅ?しょん!! 第03話 天女の羽衣


 遠い遠い昔、異世界はもともと一つの世界であった。いつの頃からか異世界は分裂し、多くの異世界が存在するようになった。
 クッキーを割ると無数の破片ができるように、それぞれの世界の大きさはさまざまであり、なかには魔法が存在する世界や、魔法が認められていない世界もある。
 そして、それぞれの世界は独立した歴史を刻み始めた。その世界の1つに、魔法否認知世界<ミズガルズ>がある。
 魔法否認知世界<ミズガルズ>は、現代社会なので魔法が認知されていない世界。
 なので空路には飛行機、海路には船舶、陸路には自動車や電車を利用し、離れた相手とは電話を使う現代社会。
 この現代社会において「私は魔法使い!」等と言ったら、世間からは白い目で見られてしまう。
 これは、そんな魔法否認知世界<ミズガルズ>を影で守る魔法使いの少年と少女の物語。


 宇宙の様な空間に、オーロラのように輝く渦がいくつも見える。この渦がそれぞれの世界に通じている。
 その空間を、ソプラノ級次元輸送船<ヴィーヴォ>が沢山の魔法道具を運搬していた。
 次元輸送船<ヴィーヴォ>の操縦士のトールが、副操縦士のフィリップに話しかけた。
 「フィリップ、気を抜くなよ。嵐が近い」
 トールが言った『嵐』とは、魔法否認知世界<ミズガルズ>で言うと『オーロラ嵐』に近い。
 オーロラ嵐は激しい磁場の変化のことで、カナダの送電システムが障害を起こしたほどだ。その他の影響では、無線通信に悪影響を及ぼしたりする。
 「この航路なら、大丈夫でしょう。そんなに心配しなくても」
 「積荷は魔法道具なんだ、気は抜けないさ」
 その時、<ヴィーヴォ>に、物凄い衝撃が襲った。
 嵐の発生位置がづれ、航行中の<ヴィーヴォ>の近くに発生したのだ。
 トールは<ヴィーヴォ>の安定を保つため、舵を必死で操りながら叫んだ。
 「何事だ!」
 「嵐が発生したようです。計器に異常、平行が保てません」
 その時どこからか爆発音と、さらに爆発で生まれた衝撃が<ヴィーヴォ>を襲った。
 「何だ今の爆発音は? ん……。船内気圧に異常があるぞ、今すぐ確認しろ」
 「はい、今確認します……。今の襲撃で積荷の一つが爆発し、そのせいで艦に穴が開きました。場所は、右舷第二倉庫」
 しばらくして嵐がおさまり、<ヴィーヴォ>はどうにか安定を取りもどした。
 「詳細な被害確認と、負傷者の確認だ」
 「分かりました」
 すぐに負傷者がいないことが分かった。しかし、大きな問題が起こってしまった。
 先ほどの爆発で開いた穴から外に魔法道具が出て行ってしまい、魔法否認知世界<ミズガルズ>に通じる光の渦へ入っていってしまった。
 トールとフィリップはすぐに、魔導管理局に連絡を行なった。
 これで大事に成らなければいいのだが……。

 日本の何処かにある鳳市では、積乱雲の発生でこれから一雨きそうだ。
 その空を、反対側が透けて見え七色に輝いている反物【たんもの】が、重さを感じさせないように空を舞っていた。
 七色に輝いている反物はふわふわと舞っていると、鳳病院の病室に迷い込んだ。
 この病室には男の子が一人だけが入院している。入院生活のせいか、元気が無い。
 男の子の名前は、青空翔太。年齢的には5歳くらいで、普段は元気に友達と遊ぶ子供だ。
 「綺麗な布だな。反対側が透けて見える」
 翔太は<天女の羽衣>を手に持ってみると、不思議なことに体が中に浮いたのである。
 「すごい! 僕、浮いてる。まるで、スーパーマンみたい!」
 翔太は目を輝かせた。
 そして、翔太は窓から飛び出し、自由自在に空を飛んでいった。

 鳳市には桜花神社がある。桜花神社は日本式建築で小さいながらも、鎮守の森や神池もある。
 敷地内の手水舎の周囲を禰宜【ねぎ】の格好で、竹箒で掃除をしている少年がいた。
 少年の名前は工藤飛鳥。童顔で中性的な顔立ちで、優しさと強さを秘めた瞳をしている。
 「ここら辺は、そろそろ大丈夫かな?」
 その時、飛鳥の携帯電話が鳴り、背面液晶画面には『シリウス・シュトラウス』と表示されている。
 飛鳥は急いで携帯電話のテレビ電話の機能を起動させた。
 「シリウス、何かあったの?」
 シリウスと呼ばれた少年は、飛鳥と同年齢で魔力・武道で互角の実力を持ち、頼れる兄の様な存在である。
 「魔法道具数点が、遺失物として管理局に届けがでた。回収を頼まれてくれないか? 」
 「分かったよ、シリウス」
 「そういえば飛鳥、他の二人は?」
 「買い物に行っているよ」
 「君は行かなくてよかったのかい?」
 「僕は、境内の掃除とかあるし」
 飛鳥は工藤家が管理している桜花神社で、禰宜をしている。飛鳥の幼馴染の蒼衣ことりと蒼衣美羽も、巫女として手伝うときもある。
 「忙しいときに、すまない」
 「気にしないで。困っている人を助けたいし」
 二人の会話にイリス・アルファーノが割って入ってきた。
 「仕事の話終わりましたか?」
 「艦長、ただいま終了しました」
 イリスはまだ若年にもかかわらず、ソプラノ級次元巡洋艦<ダ・カーポ>の艦長を勤めている。
 プライベートではシリウスとイリスは恋人どうしだが、職場ではイリスはシリウスの上官であるので、職場では上司と部下の関係だ。
 「その禰宜の格好似合ってますよ。今度、巫女服でも着て遊びに来てください」
 「遠慮しておきます」
 飛鳥は予想どおりの質問が帰ってきたと思った。
 イリスはかなり頼れる存在なのだが、一部濃い趣味を持っている。
 たまに、飛鳥に魔法否認知世界<ミズガルズ>のマニアックなアニメのDVD等を、買ってくるように頼むくらいだ。 
 「そうですか……。近いうちに、ビックリすることが起こりますよ」
 「ビックリすることってなんです?」
 イリスは詐欺師の様な笑みを浮かべて「秘密です」と言った。
 
 その頃、翔太はスーパーマンにでもなったかのように自由自在に空を飛んでると、しばらく空を飛んでいるうちにどれくらい高く飛べるか試したくなってきた。
 「僕はスーパーマンなんだ。どこまでも、飛べるんだ」
 翔太はどんどん上昇していき、家屋やビルが大分小さく見える。
 その時、少年は物凄い下降気流で吹き飛ばされ、その影響で空間識失調になってしまった。
 「うあ、なんか気持ち悪い。あれ、僕はどこへ向かって飛んでいるんだ?」
 翔太は手に持っていた、<天女の羽衣>を手放してしまった。
 「あれ、あの布がない。あ……、僕死んじゃうんだ……」
 そして、飛べなくなってしまった翔太はそのまま地上へ向けて落下していった。
 翔太が諦めたそのとき、淡い青い光魔方陣から白色のブレザーに良く似た<防御服>を着た飛鳥が現れた。
 飛鳥は落下している翔太を、受け止め抱きかかえた。
 「あれ、僕……。まだ、飛んでる?」
 「もう、大丈夫だよ。安心して、ゆっくりお休み」
 飛鳥の催眠誘導魔法「ぺネセ」で、翔太を眠らせた。
 飛鳥が降下していると、 白色の<防御服>に身を包んだ美羽が、飛鳥の近くに飛んで来た。美羽の手には、<天女の羽衣>が握られていた。
 「お兄ちゃん、<天女の羽衣>を回収してきたよ」
 「お疲れ様」
 飛鳥と美羽は桜花神社の鎮守の森に降下していった。
 一方のことりは、<天女の羽衣>の残留魔力から翔太の入院している病室を突き止め、その病室の前で待機していた。
 そして、飛鳥とことりは念話で連絡を取り合い、ことりが少年の病室に誰も居ないことを確認し、飛鳥と翔太を翔太の病室に転送した。
 その後、飛鳥とことりは翔太をベットにそっと寝かせた。

 しばらくして、翔太は目を覚ました。するとそこには、お見舞に来た母親がいた。
 「おはよう、翔太。よく寝てたわよ」
 「ママおはよう。あのね、僕すごい夢見たんだよ。その夢はね……」
 少し可愛そうであるが、飛鳥の魔法で眠ったさとるは夢の出来事かと思ったらしい。
 もちろん、飛鳥達は翔太の記憶の操作はせずに、ただ眠らせただけである。
 元気のなかった翔太に、元気を取りもどってきた。


 『第04話 飛鳥の同居人?』につづく

 あとがき
 読んでくれてありがとうございます。
 今回のモデルになったのは民話や神話にある『天女の羽衣』です。
 
 内容に触れると、地味になってしまいました……。
 戦闘もないし、これといって飛鳥の出番もない。
 次の話も、地味に……。でも、コメディー的になってるかも。

 次回は、ほのぼのアットホーム。新キャラの登場!

オンライン小説検索エンジンNEWVEL様の投票ランキングに小説を登録しています。
投票は月1回、ここからできます。
投票してもらえると、ランキングがあがるので励みになります♪

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェレットもどき

Author:フェレットもどき
初めまして、フェレットもどきです。
ヴァイスシュバルツについて書いたりしてます。

カウンター
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
宣伝
作品紹介
D.C.III P.P. ~ダ・カーポIII プラチナパートナー~ D.C.III R ~ダ・カーポIIIアール~ D.C.III Plus ~ダ・カーポIII~プラス D.C.III ~ダ・カーポIII~ D.C.I&II P.S.P. ~ダ・カーポ I&II~ プラスシチュエーション ポータブル T.P.さくら D.C.F.S. ~ダ・カーポ~ フォーシーズンズ D.C. P.S.~ダ・カーポ~プラスシチュエーション
今日のカード
リンク