Eternalえぼりゅ?しょん!! 第09話 残りモノの気持ち


 異世界のなかには、魔法が存在し発展してきた世界がある。
 さまざまな魔法が生まれ、世界は豊かになっていった。
 だからといって、魔法は万能ではない。物が壊れれば修理をする、病気や怪我をすれば病院に行く、失った命は戻らない。
 魔法では不可能なことを、補うように科学・医学は発達していった。
 魔法は認められず、科学が発達していった異世界<ミズガルズ>を、影で守る魔法使いの物語……。


 昼休みの鳳学園2年1組の教室では、工藤飛鳥、蒼衣ことり、朝霧若葉、遠坂歩の4人は昼食をとろうとしている。
 今日も歩は、飛鳥にお金を貸してくれるように頼み込んでいる。
 飛鳥に頼み込んでいる歩は、茶髪にシルバーのアクセサリーをしていて、一目では不良のような格好をしているが、根は優しくかなり気が小さい少年だ。
 頼み込まれている飛鳥は、童顔で中性的な顔立ち、可愛い部類に入りそうな少年だ。
 「飛鳥頼む、メシ買うのに金貸してくれ!」
 即答で、若葉が飛鳥の代わりに答えた。
 若葉はショートヘアーに眼鏡をかけ、ややきつい目をしている。性格面は負けず嫌いであり、やや頑固な一面がある。そして2年1組の、委員長でもある。
 「工藤君、遠坂に貸す必要ないわ」
 「なんで、朝霧が答えるんだよ」
 若葉と歩の会話に、飛鳥が止めに入った。
 「落ちついて、委員長、歩」
 「遠坂も工藤君みたいに、お弁当作ってくればいいじゃない」
 「男なんだから、料理は苦手だ。男は料理をしなくても問題はない!」
 ことりと若葉が歩に、言い返した。
 ことりは、ボブヘアーに優しい雰囲気がする少女。
 「そんなことは、ないと思いますよ。飛鳥くんは、お料理得意ですし」
 「遠坂、その発言は男女差別よ。それにしてもラブラブよね、ことり」
 若葉が羨ましそうに言うと、ことりは赤面になりながら答えた。
 「たまに飛鳥くんと二人で、料理するくらいで」
 そんなこんなでひと段落し、一同は昼食をとりはじめた。歩は飛鳥からお金を借りて、購買に向かっていった。
 「工藤君は男なのに家事が得意だなんて、ことりの将来が羨ましい」
 「若葉ちゃん、なんでそうなるんですか」
 「別になんでもないけど。ねえ、工藤君お弁当1口頂戴」
 「いいよ、委員長」
 飛鳥は自分のお弁当箱を若葉に差し出した。若葉は卵焼きを1つもらい食べてみた。
 「おいしい、これどうやって作ったの?」
 「普通に作ったけど」
 「これは、女として負けられないわ……」
 突然、若葉が言いだした。
 「今度、3人で手作りお弁当で勝負しない?」
 「べつにいいけど、委員長」
 「私もいいですけど」
 飛鳥が委員長に、理由を尋ねてみた。
 「でも、突然どうしたの?」
 「女のプライドというか。いろいろあるのよ」

 その夜。若葉の家では若葉が、明日の手作りお弁当対決の準備をしていた。
 念には念をで、若葉は母親に相談していた。
 「お母さん、お弁当に使える食べ物ない?」
 「いつも、冷凍食品だからね。今日のおかずの残りとかは?」
 「それじゃあねぇ……。お母さん、ちょっと買いに行ってくるね」
 「遅いから気をつけるのよ」
 「はーい。私も負けていられないわ、頑張らないと!」
 張り切って若葉はお店に向かうと、なにやら若葉の母親は喜んでいた。
 「若葉もお年頃なのね」

 その頃。飛鳥の家では、飛鳥が夕食とお弁当のおかずを作っていた。
 金髪の髪をポニーテールにしていている少女、フェイト・クラウスが料理を横から覗き込んだ。
 「ねえ、飛鳥。今日は何を作っているの?」
 「今日は、カレーコロッケだよ」
 「カレーコロッケ?」
 飛鳥は手際よくカレーコロッケを作り始めた。
 昨日カレーを作った鍋に、蒸かした男爵イモをいれよくかき混ぜた。
 鍋の中に残っていたカレーが男爵イモと混ざり、カレーコロッケの中身が完成した。
 そして、小麦粉、卵、パン粉を衣としてつけ、食用油で揚げた。
 揚げたてで美味しそうな、飛鳥お手製カレーコロッケが完成した。
 弁当に使う分のカレーコロッケを残し、夕食のおかずのカレーコロッケを1口サイズに切った。
 「フェイト、1口食べている?」
 「うん」
 飛鳥は足で掴み、フェイトの口元まで運んであげた。
 「熱いから気をつけて」
 フェイトは口をホフホフさせながら食べ終え、目を輝かせて飛鳥にねだった。 
 「もう1口、頂戴」
 「夕飯の分が、なくなっちゃうよ」
 そんなこんなで、飛鳥は残り物うまく利用して、夕食とお弁当のおかずを作っていった。

 若葉は買い物を済ませ、自宅に向かっていた。
 あたりは、吸い込まれそうな漆黒の闇。
 おかしなとことに、若葉がお店をでてから、しばらく歩いも誰にも出会わない。
 「早く、帰らないと。それにしても、誰も歩いていないのかしら?」
 「もったいない?もったいない?」
 怨念のこもったような不気味な声……。まるで地の底から聞こえてくるようだ。
 「何なのいったい?」
 「もったいない?もったいない?」
 徐々に声が、若葉に近づいてくる。
 若葉は気になって、後ろを振り返ってみた。しかしそこには、ただ漆黒の闇があるばかり。
 若葉は駆け足で、家に向かった。
 「もったいない?もったいない?」
 若葉は足を止め、再び声のする方を見てみた。
 突然、周囲の街灯が全て突然消えた。
 闇の中から青白く発光する何かが見えた。
 よく見てみると、白い着物の合わせを逆にして着ている人物がいた。その人物は一般的に、もったいないおばけと言われている、残り物が生んだ思念集合体。
 思念集合体は科学でも魔法でも解明できない、不条理な存在。まさに、未知の存在だ。
 「もったいない?もったいない?」
 もったいないおばけは、若葉に襲い掛かろうとした。その時淡く青色に光る魔方陣とともに、白色をしたブレザーに似た<防御服>を着た飛鳥が、若葉ともったいないおばけの間に割って入った。
 「怪我はない?」
 「はい、大丈夫です」
 飛鳥はもったいないおばけに、向かっていった。
 「もったいない?もったいない?」
 不気味な声をあげ、飛鳥に接近してきた。
 飛鳥は右手の手のひらを、もったいないおばけに向けて呪文を唱えた。
 「“チズネス・ロウジュン”」
 飛鳥の右手の手から淡い青色の光がでてきて、もったいないおばけを包み込んだ。
 淡い青色の光を浴びた、もったいないおばけは静まった。
 さらに、飛鳥は別の呪文を唱え、再び右手の手から淡い青色の光を浴びせた。
 「“ニサイ・ロロソ・ヴパハス”」
 光を浴びたもったいないおばけは、大人しくどこかに帰っていった。
 若葉は飛鳥に訊ねた。
 「あなた、何をしたの?」
 「説得をしただけだよ」
 「説得?」
 「さっきの魔法は心同士で会話をする魔法。これから、君に物を大切にするように話すから、帰ってほしいってね。これから物を大切にするんだよ、約束できる?」
 「はい、できます。あの、ひとつ聞いていいですか?」
 「いいよ」
 「あなた、工藤君?」
 飛鳥は若葉には、悪いと思ったが嘘をついた。
 「残念だけど、違うよ」
 「ごめんなさい、人違いでした……」
 若葉の顔は少し残念そうな顔になった。
 「私の名前は、朝霧若葉て言うんです。また、会えますか?」
 「君がピンチになったら、また必ず来るよ」
 飛鳥は若葉に優しく言うと、若葉の顔が少し笑顔になった。
 「本当ですか」
 「約束するよ。だから今は……」
 飛鳥は催眠誘導魔法で、若葉を眠らせた。

 若葉は気がつくと、何事もなかったように同じ場所に立っていた。
 「あれ、私どうしたんだろう?」
 若葉は疑問を感じながらも帰宅をした。
 自宅に着いた若葉は、残り物でお弁当のおかずを作ることにした。
 「お母さん、残り物ある?」
 「若葉、どうしたの急に」
 「残ったものも使って、お弁当のおかずを作ろうかなって思って」
 若葉はさっそくお弁当の下準備を開始した。
 残り物を上手に無駄なく使う事が大切である。これは食べ物ばかりではなくモノも大切にすることだと、若葉は学んだ。
 あなたもモノを粗末にすると、もったいないおばけが、あなたのところにやって来るかもしれない。



 『第09.5話 幸せの綿毛』につづく

 あとがき
 ここまで、読んでくれてありがとう。
 物は粗末にするとバチがあたるというお話でした。

 次回は、持っていると願いが叶う綿毛のお話。
 その綿毛はおしろいが大好物♪
 次回をお楽しみに!

Eternalえぼりゅ?しょん!! もくじ


オンライン小説検索エンジンNEWVEL様の投票ランキングに小説を登録しています。
投票は月1回、ここからできます。
投票してもらえると、ランキングがあがるので励みになります♪

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェレットもどき

Author:フェレットもどき
初めまして、フェレットもどきです。
ヴァイスシュバルツについて書いたりしてます。

カウンター
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
宣伝
作品紹介
D.C.III P.P. ~ダ・カーポIII プラチナパートナー~ D.C.III R ~ダ・カーポIIIアール~ D.C.III Plus ~ダ・カーポIII~プラス D.C.III ~ダ・カーポIII~ D.C.I&II P.S.P. ~ダ・カーポ I&II~ プラスシチュエーション ポータブル T.P.さくら D.C.F.S. ~ダ・カーポ~ フォーシーズンズ D.C. P.S.~ダ・カーポ~プラスシチュエーション
今日のカード
リンク